2015年08月01日

自転車のダイエット効果は脂肪燃焼と引き締め効果!?

cf1.jpg

☆2015年のツール・ド・フランス総合優勝は、
チームスカイでエースのクリス・フルームは、
総合タイム1位でマイヨ・ジョーンヌを手に
しました。


※マイヨ・ジョーンヌとは?
自転車ロードレースのツール・ド・フランス
において、個人総合成績1位の選手に与えられる黄色の
リーダージャージ
である。
各ステージの所要時間を加算し、合計所要時間が最も
少なかった選手がマイヨ・ジョーヌ着用の権利を得る。
最終ステージの終了時点でマイヨ・ジョーヌ着用の権利
をもっている選手がツールの総合優勝者となる。


☆テレビで見ていると選手はみんなホソマッチョ
の人ばかりですね。


☆でもその体で三週間かけてフランス近隣諸国
約3500kmを走破しますのでマラソン選手
みたいに余分な筋肉がついていないのだと思い
ますし、優勝した選手も見た目は普通の人と変
わらないところがすごいとこです( ; ゚Д゚)/


☆じゃあ自転車にはダイエット効果があるの?
自転車は主に有酸素運動で最近は自転車を使
ったダイエットも人気があるみたいです。






○趣味で始めた自転車がいつの間にかでていた
おなかが引っ込んだということもありますが、
自転車に乗る事でメリット、デメリットを
まとめてみました。


メリット
@有酸素運動である。
ジョギングや水泳と同じ脂肪燃焼効果
得られる!

A全身も鍛えられる。
顔、腕、おなか、足の全身の70%の筋肉
を使うので全身の引き締め効果
(運転姿勢で前傾姿勢が基本)

B基本的にサドルに座っているので
ジョギングやウォーキングなどの間接の
痛みやケガや故障になる負担が少ない

Cサイクリングなので風景を見ながら
楽しみながら走れるので精神的にも
ストレスがない。

D1時間以上マラソンやウォーキングを
するとヘトヘトになるが自転車だと
1時間以上でも無理なく走れる


デメリット
@自転車専用道が少ない。
道路交通法が変わって自転車も軽車両と
みなされ基本歩道は走れなくあぶなくて
走れるところが限定される

Aママチャリでもいいのですが、おすすめ
はクロスバイクやミニベロでファッション
性や爽快感もあり、ギアもついているので
楽に走れるけど、そのために新しく自転車
を買う費用がかかる。
※その他、ヘルメット類等など。

B最近は自転車の人身事故も多いため保険
に入る必要があること。

Cパンクなどの必要最低限の応急処置スキル
も覚えなければならない。


メリットデメリットも実際に走ってみると、
また違う発見があるかもしれませんが、楽しみ
ながら続けること
で効果が得られると思います。





瀬戸内しまなみ街道ツーリング

posted by アクア at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。